上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回のは正確には都々逸じゃなかった…
本当の都々逸とは
七、七、七、五かつそれぞれが三四、四三、三四、五という構造に分解できるとか。
さらに細かい決まりごともあるらしい(連用形で結ばない等)けどまぁまぁまぁ…

それを踏まえた都々逸(駄々逸?)を…

君の夢見て 昼過ぎ目覚め 君を想って また眠る

明日言わんと 心に決めて 勇まし行けど 君居らず

長所の欄には 書くことなくて 紙の厚さも ない自分
スポンサーサイト
2011.01.30 / Top↑
難しい…駄作を晒します。


雪降り覚ゆ 白きその肌 優しき君の 名前など

同じ雪でも 触れても消えぬ 白きその身に 触れんかな

やはり同じ名 雪のごと消え  君の名などを 覚ゆけふ

雪は溶けたか 君は居ないか 思い出だけが まだ消えず
2011.01.30 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。